学校法人三鈴学園 医療専門課程 診療放射線科 東海医療技術専門学校

診療放射線技師を目指す人のための専門学校 学校法人三鈴学園 医療専門課程 診療放射線科

  • 学校案内
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求
  • TEL 0564-57-1551
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • ご採用担当者様
  • 学習内容・設備
  • 入試情報
  • 就職・進学
  • 大学編入
  • 学費・奨学金
  • 学校見学会

HOME > 学習内容・設備

学習内容・設備

社会人、そして医療人としての基礎を養い
信頼されるプロの放射線技師を目指したカリキュラム構成

基礎科目では主に医療人として身につけなければならない科学的思考の基礎と、人間と生活、といった観点から学びます。専門基礎科目では、放射線技師として必要な人体の構造や器官の名称をはじめ、各科の主要疾患の病因・症状・治療など概要のほかに、放射線医療に欠くことのできない理工学の基礎や放射線科学などを学びます。

2年次からは基礎分野体系で学んだことを基に、実践に即した学習へと進みます。 概論、総論、関係法規をはじめ、臨床経験豊富な講師陣が各専門学科に関する実験・実習を通じて、より医療の現場に近い形で、質の高い技術や知識の習得へと導きます。

東海医療技術専門学校 厚生労働省規則に定められたカリキュラム 医療人育成のカリキュラム

3年間のカリキュラム

基礎科目 科学的思考の基礎 人間と生活

社会人、そして医療人としての基礎を養い、
放射線技師を目指すための土台を習得します。

基礎分野は医療人として身につけなければならない科学的思考の基礎と人間と生活といった観点から学びます。専門科目を履修する為に必要とされる事前の基礎知識や、医療社会で日常的に用いられる医療英語、健全な精神と身体を育成するための保健体育まで、社会人としてだけでなく、医療人として必要なカリキュラムを学びます。

  • 教養学概論
  • 自然科学
  • 英語Ⅰ・英語Ⅱ
  • 数学
  • 生物学
  • 保健体育
基礎科目

専門基礎科目 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 保健医療福祉における理工学的基礎及び放射線の科学技術

医療者としての放射線技師に必要な
基礎知識と基礎技術を学びます。

専門基礎分野では、診療放射線技師を目指すために、人体の構造や様々な器官名称をはじめとし、各科主要疾患の病因・症状・治療などのほか、放射線医療に欠くことのできない理工学の基礎、放射線科学などを学びます。

  • 医学概論
  • 社会心理学
  • 放射線医学概論
  • 放射線生物学
  • 臨床医学概論
  • 医用物理学
  • 基礎医学大要
  • 放射化学
  • 画像解剖学
  • 電気電子工学
  • 生化学
  • 基礎情報学
  • 衛生・公衆衛生学
  • 放射線計測学
  • 基礎看護学
  • 情報工学
専門基礎科目

専門科目

医療者としての基礎を養い、
放射線技師としての知識と技術を習得します。

ここでの授業は概論や総論・関係法規はもちろん、臨床経験豊富な講師陣が各専門科目に関する実験や実習などを通じて、より医療現場に近い形で質の高い技術や知識の習得へと結びつけます。

  • 医用機器工学
  • 医用画像工学
  • 医用画像検査学
  • 医用システム工学
  • 画像検査学総論
  • システム工学総論
  • 検査医学概論
  • 放射線管理学
  • 放射性同位元素検査学
  • 関係法規
  • 放射性同位元素検査学総論
  • 管理学総論
  • 放射線治療学
  • 医療安全管理学
  • 放射線治療学総論
専門科目

学内実習|実験設備

臨床経験豊富な講師が現場の技術を伝えるため、
実践に対応できる実験・実習設備を整えています

診療放射線技師の基礎である実験・実習を重視する本校では、医療現場に即した設備・機器を備え、日常の学習に活用しています。
各種の設備や機器は校舎内に機能的に配置され、効率的に学ぶことができるように配慮しています。また、放射線医療の第一線で活躍する講師の指導は、様々な体験や情報に接することができ、現実的な技術指導に役立っています。さらに、全国の専門学校でも数校しか所有していない「MRI」を導入し、より実際の医療現場に近い環境が整えられました。
このような恵まれた環境のもと本校ならではの指導と、学生たちの明日を目指した自主的な実験、実習が行われています。

  • MRI装置(磁気共鳴画像)
  • 一般撮影装置
  • エックス線CT装置
  • 超音波装置
  • 眼底カメラ装置
  • 乳房エックス線装置
  • 画像処理装置
学内実習|実験設備

患者側になることで撮影台への移動の不安感やコミュニケーションの必要性を学びます。

臨床実習(病院実習)

医療スタッフの一員として白衣の現場に立つ。
緊張感と責任感がこの瞬間から確実に生まれます

本校では3年次に連携している中部地区の医療機関にて、臨床実習(病院実習)を行うカリキュラムを組んでいます。3ヶ月の実習期間において、理論と実践の関係を現場で知ってもらうとともに、医療の核となる「人」の存在を意識し、「患者さんのための医療」や「医療スタッフ同士のコミュニケーション」の重要性を肌で感じ取ってもらいたいと考えています。毎年、この臨床実習(病院実習)を境に、学生たちは診療放射線技師としての自覚が芽生え、格段に成長を遂げています。

臨床実習(病院実習)

装置の取扱いだけでなく、患者さんとの接遇も学びます。

臨床実習(病院実習)受入教育機関
  • ●名古屋医療センター
  • ●豊橋医療センター
  • ●三重中央医療センター
  • ●東名古屋病院
  • ●国立長寿医療研究センター
  • ●愛知県がんセンター愛知病院
  • ●県立多治見病院
  • ●岐阜県総合医療センター
  • ●岡崎市民病院
  • ●豊川市民病院
  • ●春日井市民病院
  • ●常滑市民病院
  • ●市立半田病院
  • ●公立陶生病院
  • ●浜松医科大学医学部附属病院
  • ●愛知医科大学病院
  • ●静岡市立静岡病院
  • ●厚生連安城更生病院
  • ●厚生連海南病院
  • ●厚生連遠州病院
  • ●中京病院
  • ●四日市羽津医療センター
  • ●名古屋第一赤十字病院
  • ●名古屋第二赤十字病院
  • ●トヨタ記念病院
  • ●刈谷豊田総合病院
  • ●成田記念病院
  • ●名古屋記念病院
  • ●総合大雄会病院
  • ●NTT西日本東海病院
  • ●碧南市民病院
  • ●蒲郡市民病院
  • ●八千代病院
  • ●名古屋市立緑市民病院
  • ●浜松医療センター
  • ●西尾市民病院
  • ●豊橋市民病院
  • ●名古屋市立大学病院
  • ●名古屋掖済会病院
  • ●小牧市民病院
  • ●愛知県がんセンター中央病院
  • ●厚生連江南厚生病院
  • ●土岐市立総合病院
  • ●中津川総合病院
  • ●名古屋大学医学部附属病院
  • ●名古屋市立西部医療センター
  • ●名古屋市立東部医療センター
  • ●浜松赤十字病院
  • ●中東遠総合医療センター
  • ●厚生連渥美病院
授業内容 学費 キャンパスライフ 学校見学会 参加ご希望の方はこちら

資料請求